読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カプリスのかたちをしたアラベスク

小説とか映画とかアニメとかサブカルな文芸界隈。批評未満。すぐにおセンチな気分になる。ご連絡は machahiko1205★gmail.com(★→@)まで。

スポンサーリンク

大人になると飛影の黒龍波よりも妖狐蔵馬のむごい勝ち方のほうが好きになる。

「富樫の代表作は?」 という質問に対して、「幽遊白書」と答えるか「HUNTER×HUNTER」と答えるかで世代がざっくり二分される。後者とこたえたひとはたいてい九〇年代以降の生まれだ。 八〇年代生まれのぼくは富樫といえばぶっちぎりで幽遊白書だし、マンガも…

創作に孤独が必要十分だという奴は21世紀を生き残れない/「ガーリッシュナンバー」「俺ガイル」の考察補足

先日、KAI-YOU.netさまに現在放映中のアニメ「ガーリッシュナンバー」と渡航の出世作品「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(以下『俺ガイル』)」についてのレビュー記事を寄稿させていただきました。 kai-you.net お話をお受けして、初稿を書き上…

花澤香菜が声をやってるキャラで打線組んでみた

花澤香菜がすきだ。 さいきんものすごい勢いで3次元に興味がなくなってきているぼくをかろうじて3次元にとどめているのは彼女といっても過言ではない。ただ、ぼくは声豚なんかじゃない。花澤香菜が好きだというこの感情に先立つものはなにもない、いってみ…

アニメ「91Days」の感想/物語の終わりと省略について

アニメ「91Days」をみた。とくに最終話をおもしろくみた。同時にテレビで12回に分けて放映するやりかたがこのアニメにはあっていなかったように感じられた。2時間くらいのひとつなぎの物語であれば評価はもっと高かったような気がした。 きょうはそうおもう…

2016年秋アニメのオススメを5作紹介するよ

※べつにうちの子の写真とかじゃありません。 こんばんは、まちゃひこです。 さいきんはすっかり涼しくなって、というよりは寒いくらいで、秋ってかんじがしてきた。きょうは息子・うぇい太郎が通う保育所の運動会があった。うちの姉の子どもが通う保育所より…

不在の「ヤックデカルチャー」/アニメ「マクロスΔ」の感想

※このレビュー・エントリーはアニメ「マクロスΔ」のネタバレを含みます。 ここのところおもうように書きものがすすまなくて、気分転換に撮りだめしておいたマクロスΔを一気にみた。とうぜんのようにアニメとしての魅力をたくさんそろえていて、苦痛もなくあ…

【感想(映画・小説)】「究極的にはすべて気のせいです」/アリ・フォルマンとスタニスワフ・レムの「未来学会議」

※このエントリーでは映画「コングレス未来学会議(アリ・フォルマン監督)」「戦場でワルツを(同監督)」と小説「泰平ヨンの未来学会議(スタニスワフ・レム)」の内容に関する言及を含みます。 コングレス未来学会議 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキ…

【感想】映画「君の名は。」(新海誠監督)/骨太な物語、世界の恣意とささやかな反抗

※このエントリーには映画「君の名は。」のネタバレを含むレビューです。まだ見ていないひとはあとで読んでいただければ幸いです。 以前、新海誠監督の作品について好き放題いったばかりなのだけれど、新作「君の名は。」を恥ずかしげもなく(!?)公開初日…

【感想】アニメの饒舌/映画「傷物語Ⅱ 熱血篇」

※このエントリーは映画「傷物語Ⅱ 熱血篇」のネタバレを含みます。 そろそろ映画「傷物語」の話をしなければならない。 映画「傷物語I 鉄血篇」をみたのは、嫁氏が破水する1日前で、そのときは予定日まであと2週間くらいあったから、これからふたりで映画を…

「新海誠はイカ臭い童貞が喜びそうなアニメ」っていうひとことが言いたくて言えなくて震えていた件

※dis記事ではありません 今月26日、新海誠監督の新作「君の名は。」の公開がはじまる。 www.kiminona.com HPを見る限り、物語は田舎の女子高生・三葉と東京の男子高校生・瀧の見知らぬふたりが、ある日突然入れ替わってしまうというもので、設定された日本…

個人的に好きなアニメを15作品ランキング形式でオススメするの巻

会社行くのやめたら暇になるかと思ったのに、全然そんなことない。 今日はこれやるぞーって決めたものの、それすらうまく消化できてないってことが多くて、結局むかし同様、朝早く起きなくちゃしたいことはできないのに最近気がつきました。 ずっと前にアニ…

【2016年夏アニメ】今期のアニメで笑える作品を7作集めてみた

ちまたでは本日配信が始まったポケモンGOの話題で持ちきりで、まがりなりにもライターを名乗る者として、これはやっておかなくちゃなーっておもってインストールしてみたのだけど、20年ぶりにゲットしたゼニガメはとてもかわいかった。 午前中はいつも図書館…

アニメ「甲鉄城のカバネリ」最終回感想/ゾンビみたいなアニメ

※このエントリーにはアニメ「甲鉄城のカバネリ」と小説「ジニのパズル」の内容に関する言及が含まれます。 7月になって、まだ4月アニメをじゅうぶんに消化しきれていないのに新しいアニメが始まってしまって、録画設定に忙しい。忙しいっていってもその作業…

【感想】「迷家−マヨイガ」最終話まで観た/まだトラウマで消耗してるの?

※このエントリーはアニメ「迷家−マヨイガ」の内容に関する言及があります、 ぼくだけなのかどうか他のひとにきいたわけじゃないから知らないのだけど、好きでやっているとはいえ、小説にしろ漫画にしろ映画にしろアニメにしろ、作品を最初から最後まで見届け…

アニメ「くまみこ」最終回の炎上/みんな所有欲が強すぎる

※このエントリーはアニメ「くまみこ」最終回のネタバレを含みます くまみこ視聴してました 「くまみこ」は今期でも脳みそを使わないアニメ枠としてまったり観ていた。都会っ子クイズや、ユニクロでヒートテックを買ってくる、ヴィレッジバンガードなど、横文…

アニメ「キズナイーバー」「迷家」/ザムザのゆくえ、あるいは世界のねじを巻く装置

ぼくはよくこのブログで「フィクションとリアリティは相反しない」とよく書いているけれど、それに関してのぼくの考えは、以下で引用にちかい。 ……決闘のあとで、ほんとうは無関係な俺たちがこうやってのこって、夕陽に照らされて、血があざやかにひろがって…

2016年春アニメで期待しているものたち

今期もそろそろ5話 ということで、とりあえず追っているものをだらっと晒します。 いちおう、毎度ながらあてならない個人評価と、ひとことコメントをつけておきます。 ご参考になれば幸いです。 いわゆる(?)「おそ松ロスト」な今期ですが、個人的には良…

2016年冬アニメ前半の感想

うぇい太郎、爆誕 こんにちは、まちゃひこです。 最近は勤め先が繁忙期に入り、ストレスと疲労と殺意に溢れる日常を過ごしています。 しかしそんななかではございますが、先月1月13日に元気な男の子が生まれ、ぼくもついに父親となりました。かれと嫁氏は実…

2015年秋アニメのなんとか追ってるやつたち

土曜日に、 大学時代の友だちがふたり、滋賀と名古屋から我が家へ泊まりで遊びに来た。もともと年に2回くらいはうちに来ているので、ひさしぶり〜というかんじはあんまりしない、というのがなんだかおもしろい。歳をとると、というほどに歳をとってはいない…

【レビュー】2015年冬アニメ第1話を見て期待度を5段階で評価してみる

もともと嫁氏にも 「あんたに会社員なんて無理だ」 みたいなことを24歳くらいのときにいわれたことがあったのだけど、しかしいざ始めてみるとやはり会社員というのは息苦しい。でも、会社員に向いているひと(=生まれながらの会社員的会社員)みたいなひと…

PSYCHO-PASS サイコパス ~「法」という機械、「裁き」という演算

テレビアニメ「サイコパス2」、劇場版サイコパスを観ました 嫁氏が土曜日に「劇場版PSYCHO-PASSサイコパス」を観にいきたいといい、大慌てでテレビシリーズ2期を観た。といっても、残り3話が観れていない、といった感じだったので夕方に観終わって、レイ…

怪人は爆発する/怪人の爆発をヒーローが私物化してはならない

ちいさいころ、仮面ライダーとウルトラマンが好きすぎて、じゃっかん友だちにひかれていた的な時代があった。 ちょうど、ぼくが幼稚園児~小学生低学年くらいのとき、仮面ライダーはブラックやブラックRXだった。夕方の再放送で1号やV3とかやっていた気がす…

2014年秋アニメ、ここまで見た感想をざっくりと~ファンタジーと現実のあわい

毎日、一日中後頭部が焼け付いた感じがあってうまく思考できない。このまえは多和田葉子や金井美恵子を読めたけれども、基本的に本をきちっと読むだけの体力と集中力が確保できないから、せめてアニメだけでもしっかり見よう!みたいなところで、なんだかが…

2014年秋アニメの第1話とか第2話とかをざっと見た感想

うちは夫婦でアニメを見る。いやむしろ、ぼくよりも妻の方がアニメと真摯に向きあっているといえる気がする。うちは平日アニメを撮り貯めて土日で鑑賞、というルーティン(この言い方やだな……)を毎週こなしているのだけれども、その業務(さらにやだな……)…

あたらしいサイバーパンク/攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone(工藤進監督)/現代日本の純文学

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF) 作者: ウィリアム・ギブスン,黒丸尚 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1986/07 メディア: 文庫 購入: 38人 クリック: 760回 この商品を含むブログ (284件) を見る 未明の闘争 作者: 保坂和志 出版社/メーカー: 講談社 …

描写のちがいをぼんやり/アニメ「物語シリーズ」

きのう、おととい、録画しておいた「花物語」をみた。西尾維新の物語シリーズは好きだけど小説は一学期までしか読めてなくて、そして原作よりも先にアニメをみていたから、ぼくにとってはほとんどアニメだとの印象がつよい。そしてアニメのつくりはとても小…