カプリスのかたちをしたアラベスク

このブログはフィクションです。詳しくはプロフィール参照。

【最近のできごと】

西崎憲主宰の電子書籍レーベル「惑星と口笛ブックス」より
小説・詩・短歌のアンソロジー「ヒドゥン・オーサーズ」が発売されました。
ぼくは大滝瓶太として「二十一世紀の作者不明」という短編小説を寄稿しています。

発売翌日の2017年5月29日現在Amazonランキング「日本文学」部門で第3位!

また短編集「教育と育児」も好評発売中です!


音楽

平野啓一郎「マチネの終わりに」を120%楽しむために、演奏されていたギター曲を解説するよ!

マチネの終わりに[Kindle版] posted with ヨメレバ 平野啓一郎 コルク 2016-04-08 Kindleで見る Amazon[書籍版]で見る 平野啓一郎のベストセラー「マチネの終わりに」を読んだ。 この本はクラシックギタリストと女性ジャーナリストの「切ない恋愛」を題材と…

偉大なアーティストをリスペクト!クラシックギターの賛歌を7曲選んでみた

ぼくの青春の音楽だったローラン・ディアンスが亡くなってから、ふたたび楽器を弾きたくなってきのう弦を張り替えた。 www.waka-macha.com 学生時代とはちがってもう人前で弾く機会も気力ないので、楽器を触るときは無作為に手元の楽譜の音を拾うだけなのだ…

【追悼】越境的なギタリストとしてのローラン・ディアンスとその音楽

ギタリスト・福田進一によると、きょうフランスのギタリスト、ローラン・ディアンスが亡くなったという。 61歳という若すぎる死だった。 同い年、でもエコル・ノルマル音楽院の先輩だったローラン・ディアンスが亡くなったとの報せ。信じられない。昨夜、マ…

生後半年の男子が選ぶ!泣く子も黙る音楽ランキングトップ5!

※音楽鑑賞する息子うぇい太郎 またしても育児ネタ。 慣らし保育2日目で、きょうも朝の10時から1時間だけあずかってもらった。 両親とはかけはなれて違って、かれは人見知りをぜんぜんしない。だれにでも満面の笑みを振りまくので、いろんなおとなのハート…

ブログの自由さは小説の自由さを奪うのか。木下古栗の[創作論]と現代芸術について。

”Ricochet” Andy Akiho(いわゆる「ピンポン協奏曲」) 現代芸術が好きだ、そうおもうようになったのは二十歳ぐらいの時で、当時は大学の授業はサボれるだけサボって、ずっとクラシックギターを弾いていた。大学に入学するまでは瀬戸内海に浮かぶ島の片田舎…

天才バンドネオン奏者・ピアソラのオススメ音楽7選

クラシックギターをやっていたということもあって、実は音楽も嫌いじゃない(偉そう)、というか結構好きで、とくにアストル・ピアソラには思い入れがある。 クラシックギターを弾くひとだったら、一度くらいはかれの楽曲に触れたことがあるんじゃないかな、…

好きなギタリスト(クラシック)を5人を好きな演奏と一緒に紹介する

音楽がしたい。 さいきん、すごく音楽がしたい。 ぼくは高校1年のときからクラシックギターを干支がひとまわりするくらい弾いている。ただ、クラシックギターの知名度があまりにもないので(音楽の授業のアレ、程度だ)、よくフォークギター(いわゆるアコギ…

この夏、メディアミックスで読みたいオススメ本をリストアップしてみた

お盆ですね。 うちの業界はお盆は10連休とれる!みたいなところなのですが、残念ながらワタクシ、有給が残っていなかったため、人生でもっとも無駄な出勤を3日もしてしまい、この夏は4連休です。そもそも4連休もらえるだけでもうれしいのですが、有給さえ…

レオ・ブローウェルとか朴葵姫

またギターを始めることにしたのだけど、それで最近はよく音楽を聴くようになった。なんというか、手のやり場に困ることが結構あって。 学部のときはブローウェルは全然好きじゃなくて、舞踏礼賛とかはそれなりにかっこよいとは思ったけど、あとは「はいは…