カプリスのかたちをしたアラベスク

このブログはフィクションです。詳しくはプロフィール参照。

【最近のできごと】

西崎憲主宰の電子書籍レーベル「惑星と口笛ブックス」より
小説・詩・短歌のアンソロジー「ヒドゥン・オーサーズ」が発売されました。
ぼくは大滝瓶太として「二十一世紀の作者不明」という短編小説を寄稿しています。

また短編集「教育と育児」も好評発売中です!


占いハイブリッド・ババアの説得力

f:id:bibibi-sasa-1205:20161031134255j:plain

占いを、どこかで信じている。

そういうぼくがいないでもない。

話のネタにでもなるだろうとおもって、だいぶむかしに占い屋にいったことがある。たしかまだ学生のころだったとおもう。

相談ひとつ20分3000円という値段だった。やるかやらないか非常に迷ったところは、まわりが女性客ばかりというよりもここで、よくわからないババアによくわからない論理でもってよくわからない説教をうけるのにどうして3000円も払わなくちゃならないのか、というためらいがあったからだった。当時はちょっとした占いブームみたいなのがテレビでもあって、芸人から占い師になったひととか、新宿の母とか、そういうひとをよくみた。数分間の逡巡を経て、まあ3000円か、とおもいいたって占い券を買った。

目次

 

未来予測について

物理学のだいたいの目的というのは、すべての時間を見通すことにある。いつどこでなにが起こるか、そういうものを予測するために、重要な方程式には時間や位置のパラメータが配置されているのだろう。

すくなくとも、古典力学の範疇ではそういう意図のようなものはみられるし、有名な思考実験に「ラプラスの悪魔(≠ラブプラスの悪魔)」というものがあって、古典力学の膨大な演算によりすべての過去と未来が確定するという決定論的といわれる立場だってあった。現代物理では量子力学の台頭もあって確率論的(あるいは統計的)な議論が優勢となっているけれど、確率や統計の考え方が採用されているのは詳細を厳密に議論しきれないことへの措置としての対応かもしれないし、そこについてなにをどうおもうかについてはいまはどうでもいい。ともあれ、決定論的な知見というのがまだまだ捨てきれないような気がしないでもない。

占いといえど、その流派はいろいろあるみたいで、霊感占いやら六星占術やら手相やら姓名判断やら、あげだせばキリがない。しかし六星占術とか手相とか姓名判断とかの学術的な体系のようなものが「とりあえず」つくられているものは、どうやら統計的な立場をとるという。こうこうこういうパターンの方はこういう人生の傾向にありました、みたいな立場でひとの人生を読み取り、それを占い師が解釈してアドバイスをおこなう。

それに対して霊感占いは決定論的な立場におもえる。

「お前の後ろにじいさんがいる」

などといわれれば、それをとりあえず「はあそうですか」と信じる信じないにかかわらず、いったん飲み込まなくては話がすすまない。それから、

「お前のじいさんはこうこうこんなことをいっている」

と断言してくるわけだけど、じいさんがみえない以上「はあそうですか」というよりしかたがない。うさんくさいことこの上ないけれど、断言されると弱気になってしまう。すくなくともぼくはそうだ。

 

性格占いをやってみた

ケータイさえあればちょっとの質問に答えるだけで性格占いができる。

この遊びを特に理由なくなんとなくやってみることが半年に一回くらいあったりする。

【無料】わずか12問で、あなたの恋愛観をズバッと診断!!

結果はメールでとどくので、まぁ、遊び用の捨てアドレスくらい持っているひととかやってみてもいいんじゃないかな。

ちなみにぼくの結果はこんなかんじ。

※太字とか赤字はぼくが勝手につけました。

 

■ あなたはどんな人?

あなたは、賢く、慎重で、分析力に長けた、冷静な人です。理解力も優れていて、物事の本質を見抜く力があります。様々なことを調べるのが得意なので、情報を駆使して、物事を進めていこうとします。自分の心の空しさを埋めるために、知識をたくさん取り込むタイプです。感情表現や、人間関係が苦手で、孤独を好むところがあります。自分第一で、お金だけではなく、時間も出し惜しみをするので、閉鎖的な雰囲気を周囲に与えます。感情を表に出さないので、人に気持ちをわかってもらえないところもあります。いつも思索にふけっているようで、何を考えているかわからないと思われてしまうのです。

財産は有限なので……。

 

■ まわりから見たあなたは?

あなたの友人は、「あの人は博識で、革新的なアイデアが豊富です。私はあの人の、ドライで奇抜なユーモアの感覚を、面白いと思っています」と言っています。知的で、学者肌で、思慮深い人だという良い評判もある反面、冷たくて、知性を鼻にかけ、人を見下し、理屈っぽい人だというよくない評判もあります。

よくわかっているじゃないか(棒読み)

 

■ あなたはどんな子供だった?

あなたは、子供の頃、一人で過ごす時間が多い子供ではありませんでしたか?大勢の友達は持たず、一人で本を読んだりして、時間を過ごしてきたはずです。同級生と騒いで、遊んだりすることもなく、それを傍観していたのではないでしょうか?しかし、自分の興味を持った事には熱心で、好奇心も強く、優秀だったに違いありません。自立心もあり、しっかりした子供、という印象だったはずです。

ここは実はちがう。むかし、ぼくは野球少年で友だちはおおい方だった。しかし高校生のころからすくすくとネクラになっていった。パリピになりたい……。

 

■ ストレスを受けると?

あなたは、今すぐ行動することを強いられると、途端にストレスを感じます。精神的に圧迫感を抱くと、恐怖心が出てくるのです。答えをすぐに求められたりすると、落ち着かなくなります。そこから逃げ出すための作戦を考えて、そのことに関わりあうのを避けようとします。一人になって、考えたくなるのです。そのような状況になると、注意力散漫になります。また、人から干渉されることにも、非常にストレスを感じます。あれこれ詮索されたり、自分の境界線を越えられたりすると、逃げ出したくなります。

放っておいてくれ、とけっこうおもうときがある。

 

■ あなたの『時間感覚』とは?

あなたは、限られた時間の中で、たくさんの事を達成しますが、いつも時間が十分にないと言っていませんか?あなたは、何事も完璧に観察し、理解し、やり遂げたい願望があるので、時間がいくらあっても足りないのです。調査する時間は大事ですが、時間ばかりかけては、捗らないことも多々あります。何事においても、時間を区切って、先に進むようにしてみましょう。また、一人の時間を大事にしているので、無駄な付き合いに時間を割くことがありません。確かに一人の時間がないと、あなたは元気がなくなりますので、一人になって、息抜きをする時間を取るようにして下さい。

「時間感覚」を診断する占いははじめて。

まさにフリーになった理由がこれ。

 

■ あなたの恋愛観は?

あなたは、人と親密になることを避けようとする人です。自分の感情を不安定にされることを恐れているのです。パートナーがいなくても、それほど寂しいと思わないので、独りの方が気楽で、ずっとこのままでも良い、と思っているところもあります。しかし、共通の趣味などで意気投合する相手が見つかると、そこから愛情が芽生えることもあります。

嫁はアニメ友だちみたいなもので、アニメの新シーズンになると録画会議をしている。

 

■ あなたが恋愛で成功するための魅力アップの方法とは?

あなたは、人と親密になることを避けようとする人です。自分の感情を不安定にされることを恐れているのです。パートナーがいなくても、それほど寂しいと思わないので、独りの方が気楽で、ずっとこのままでも良い、と思っているところもあります。しかし、共通の趣味などで意気投合する相手が見つかると、そこから愛情が芽生えることもあります。

大事なことなので2回いわれた。

※利用サイト(再掲)

【無料】わずか12問で、あなたの恋愛観をズバッと診断!!

 

占い師に占いされる

さて本題である。

ぼくを占ってくれたババアは「学術的な方法」と「霊感的な方法」のふたつを利用した方法を採用していた。すなわちハイブリッド・ババアである。

さいしょに名前と生年月日、可能であれば生まれた時刻を紙に書くように促される。時刻は知らなかったので書かなかった。書いた紙をハイブリッド・ババアにわたすと、彼女はくったくたの本を開き、なにやら計算をはじめる。ここまで3分くらいだ。

そのあと満足げな笑みを浮かべ、かたわらにおいてあった水晶を左右に2回、前後に2回、メガネ拭きみたいな布で拭いてから、両手で覆うようなザ☆占い師的なポーズをとり、目をつむり、眉間に皺をよせる。およそ30秒して、ハイブリッド・ババアは目を開けて、こわばった身体を緩めるのだった。

「で、なにを占えばいい?」

「あー、じゃあ、文章で仕事したいんですけど、それについての運勢をお願いします」

「文章……」ハイブリッド・ババアはしばし沈黙してから口を開く。「それはどういう?」

「小説とか、文芸批評ですね」

するとババアはいう。

「あなたはご先祖さんがちゃんとしてるから、路頭に迷うことはない。実家もあるし、長男だし、土地もある。そこに関しては安心しなさい」

ぼくはおどろいた。ぼくがババアに教えたぼくの情報は名前と生年月日と、文筆業をしたいということだった。田舎の長男だなんてひとこともいってなかった。

「見た目が田舎の長男っぽい」という形容が世の中にないわけではないのだけれど、それは神戸の繁華街ではおそらく使われることはないだろう。それに、そういうあてずっぽうを金銭のやりとりのある占いのなかでいうにはあまりにも危険なハッタリだ。

このババアは百戦錬磨のギャンブル狂か、ぼくのしらないなにかを知るひとにおもえ、たちまちうろたえてしまった。

「で、文筆業のことだけど」

「はあ」

「純文学では厳しいとおもうわ」

「え、どうしてです?」

「芸術色が強い職につくには、あなたは論理的過ぎるし、そういう感性が備わってない」

正直、ちょっと気にしていることだったけれど、これは占い師のテクニックにもおもえた。すなわち、「だれにでも当てはまる回答を投げる」というアレだ。

この場合であれば、純文学作家として生計を立てることがいかに難しいかは知っているひとは知っている話だし、芸術的な感性に自信を持っているとじぶんでおもっているひとなんてそうはいない。また、ぼくのことを「論理的」といったのは、おそらく男性客にはそういう客がおおいからだろう。すなわち、占いという科学的な根拠がはっきりしないものに対していくらか批判的におもっている連中だ。

ただ、ぼくはといえばさっきの「田舎の長男」がやたらひっかかっている。頭では占い師のテクニックだとわかりつつも、一番最初の「わかりえないこと」をつかれたことで、目の前のババアの話をどこか信用しはじめていた。時間は10分を過ぎていた。ババアのペースで話は進んでいく。

「文章を書くなら、ミステリかノンフィクションのほうが相性はいい。これなら5年以内に生計はたてられるはずよ」

「う〜ん」ぼくはいった。「成功したいから文章を書きたい、というのはちょっとちがうんですよね」

「というと?」

「ぼく自身で確信している表現みたいなのがあって、それをやり続けるためにはお金がいる。さっきおっしゃった純文学的なものがそれになるんですけど、それでお金もらうって、やっぱぼくにはむずかしいんですかね?」

ババアは閉口した。また水晶にむかってザ☆占い師のポーズをキメて、それから身体の緊張をほどいた。それからこんどは(やはりクタクタの)タロット・カードをとりだし、わずかに個室に潜り込んでくる隣室の意味をなさない話し声にもかき消されてしまうほどの小声でなにかをぶつぶついいながら、乱暴な手つきで机のうえにひたすらカードを叩きつけた。隠者が正位置、吊るされた男が逆位置、塔が逆位置、死神が正位置、月が逆位置、太陽が正位置で現れたところでババアは手を止めた。

「まあ、50歳を過ぎた頃かな」

「50歳……!

ぼくは安堵した。ひとまず、このババアのことを信用するなら50歳頃には成果が出るというのはちょっとした希望だった。

「まあ、あなたはまずもっと本を読んで、音楽を聴いて、美術館にでもいって感性を高める必要があるけれど」

そこで時間がきた。

 

まとめ

ぼくの占い体験の話はこれでおしまい。

もちろん、ハイブリッド・ババアのいうことを完全に信じたわけじゃないし、できるなら50よりはやく、できるだけはやく信じた文章でお金をもらえるようになりたいというのが本音だ。

あれからたぶん4年くらいはたつだろうけれど、ぼくはミステリもノンフィクションも書く気はない。ババアの忠告にさからって、なにも仕事として残せないまま田舎で農家をやる可能性だってあるだろう。未来というものは、できるだけみたくない。

帰り際にババアは

「運命は変えられるからがんばりなさいよ」

といったのだけれど、占い師がそれをいっては元も子もなかろう、とおもった。ただ、このままじゃまずいみたいな危機感みたいなのはババアのおかげで強くなった、ということは否定しない。よくわからないロジックがはたらくよくわからない空間だからこそ、よくわからない説得力が生まれたこの経験について、ちょっとした小話になれば3000円の元はとれたとおもっている。まだババアが占い師をやっているかはわからないけれど、同様のババアは大量に世界中にいるわけで、きょうもいたるところで謎の計算をし、水晶を磨き、タロット・カードを叩きつけているのだろう。

 

あと、筆名を決めるときとか、息子に名前をつけるときとか、やたら姓名判断やらなにやらをネットでやりまくったことを追加しておく。

依然として占いを信じたわけじゃないけれど、縁起の良し悪しはそういう問題じゃないし、良いにこしたことはない。ぼくの本名は姓名判断的に最悪なのだけれど、こんなデタラメな経歴でなにも身になっていない人生について、ちょっとぐらいは運勢のせいにしたいときだってある。

結婚するとき、嫁が印鑑を3本つくってくれて、そのときにぼくの姓名判断をしたらしい。案の定、印鑑屋さんや嫁や義母がドン引きしたらしいのだけど、「結婚後に運気があがる」とのことだったようだ。こういうことは信じるようにはしている。

  

電話占いとかもあるそうです。初回10分は無料でできる鑑定士もいるらしいです。

アフターフォローも万全!【電話占いのULana(ウラナ)】

 

あわせてどうぞ

www.waka-macha.com

www.waka-macha.com

www.waka-macha.com