カプリスのかたちをしたアラベスク

このブログはフィクションです。詳しくはプロフィール参照。

【最近のできごと】

西崎憲主宰の電子書籍レーベル「惑星と口笛ブックス」より
小説・詩・短歌のアンソロジー「ヒドゥン・オーサーズ」が発売されました。
ぼくは大滝瓶太として「二十一世紀の作者不明」という短編小説を寄稿しています。

発売翌日の2017年5月29日現在Amazonランキング「日本文学」部門で第3位!

また短編集「教育と育児」も好評発売中です!


すべり芸人がすべるだけの番組「THEすべり場」がひどすぎて声出して笑った

f:id:bibibi-sasa-1205:20170420151444j:plain

ずっと家で黙々と作業をしているのだけれど、作業中に耳が寂しくなったらdTVでトーク番組をつけている。

基本的に落語や小話が好きなので、怪談とかを変にドラマ化されると興ざめしてしまう。ラジオは中学生の時にミューパラ(関西でおなじみ)を聞いていて、ハガキ職人的なことをしていたくらいはまっていたけれども(合格祈願ステッカーをもらった!)、今はなんか違う。

小話をする番組でいちばんおもしろいのはなんだかんだで「人志松本のすべらない話」だ。この番組が一躍有名になると、そのパロディもいろいろ出てきた。

dTVオリジナル番組「すべり芸人☆夢の共演 THE すべり場」はいうまでもなくそのパロディだ。

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

 

まぁ、すべり芸人がすべるだけの番組なんだけれども、その見どころ的なやつを今日は取り上げてみたい。

 

目次

 

番組構成

番組はいたってシンプル。

冒頭で芸人ですらないウエンツ瑛士がすべり芸をして、そのあとにすべり芸人たちがお題に沿った鉄板のすべり話を披露する。順番はルーレットに決まるけれど、勝手に話し始めることもある。

前半と後半の二部構成に分かれていて、出演者はこんな感じ。

 

前半

MC:岡田圭右(ますだおかだ)

上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、ノッチ(デンジャラス)、ダンディ坂野、加藤歩(ザブングル)、山田ルイ53世(髭男爵)、小島よしお

 

後半

MC:岡田圭右(ますだおかだ)

上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、加藤歩(ザブングル)、鈴木拓(ドランクドラゴン)、クロちゃん(安田大サーカス)、永沢たかし(磁石)、ゆってぃ

 

メンバーからして「いかにも」感が満載。

あとこれはdTVオリジナル番組すべてに言えることだけれども、1話あたり10分程度に小分けされているので、ちょっとした空き時間でサクッと見れるのがありがたい。

番組は全部で12話あり、6話終わると出演者が変わって後半戦になる。

 

うけたら怒られる

f:id:bibibi-sasa-1205:20170420153140j:plain

「すべる」ことを目的にしているので、うけたら怒られる。

ザブングルの加藤が序盤でバンバンうけるのだけれど、そうなると

「地上波でサイコロ振っとけや!」

といった暴言が飛ぶ。

地上波じゃない番組はこういう「やりたい放題」がまかり通るので非常に楽しい。

 

ふつーにすべる

f:id:bibibi-sasa-1205:20170420153407j:plain

基本的にふつーにすべったり、うけても下ネタで観客にドン引きされるなど(上の画像参照)、スタジオはたまに盛り上がるけれど基本的に冷え切っている。

すべりパターンはだいたい決まっていて、

  • オチがない
  • 大きく前フリしたのにオチがそれに伴ってない
  • というかネタがない

みたいな感じだ。

 

カンペがひどい

f:id:bibibi-sasa-1205:20170420153624j:plain

あと、終わったトークテーマなのに、あまりにもおもしろくないためにスタッフからありえないカンペがでて、もう一度やらされたりする。

こんなひどいのはなかなか見れない。

 

とにかくひどかった。

友だちが飲み会で、

「他人がすべってるの見るの超おもしろいですよね」

と言っていたのだけれど、「すべり場」はまさにそれを実現した番組だった。たぶん、作る側からしたら相当心臓に悪かったんじゃないかって察する。

「THE すべり場」の視聴はこちらから(無料おためし期間が31日)

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

 

また、dTVを使ってみての個人的な感想は以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください。 

bibibi-sasa-1205.hatenablog.com

 

あとdTVオリジナル番組だと「dTV版ゴッドタン」が超おすすめ。

劇団ひとりがやたら生き生きしてる。

 

というわけで今回はここまで。

最後に不満を上げるとすれば、後半はふつーにスタジオが暖まったりしてるのが一周回ってウザい。このウザさも合わせて見てもらいたい。

ではでは。