カプリスのかたちをしたアラベスク

このブログはフィクションです。詳しくはプロフィール参照。

【最近のできごと】

文学ムック「たべるのがおそい」の編集などを手がける西崎憲主宰の電子書籍レーベル「惑星と口笛ブックス」より
ぼくの初の単著となる短編集「コロニアルタイム」が発売されました。

また同レーベルより発売中のアンソロジー
「ヒドゥン・オーサーズ」

にも短編を寄稿しています。
この本は新潮社が発行している雑誌「波 2017年7月号」で
王様のブランチでおなじみの書評家・滝井朝世さんにも取り上げていただいています。


『金田一少年の事件簿』でまったく気づけなかったトリックについておもうこと

はじめておこづかいで買ったマンガといえば魔法陣グルグルか金田一少年の事件簿で、このふたつをひたすら読み続けて小・中学生時代を過ごしてきた記憶がある。しかし、グルグルを連載していたガンガンは月刊誌で単行本化も遅く、主に読んでいたのは金田一少…

日常に埋め込まれた「微エロ」の波紋──マンガ『彼女のやりかた(田所コウ)』

じぶんから苦手なことを選んでやっていたのだけれども、とにかく会社員の頃というのはもうそれはそれは仕事が嫌で嫌で、その嫌さにどうやったら耐えられるかを毎日考えていたものだった。営業をしていたのだけれど、お客さんの多くを好きになれなかった。す…

なぜ文芸メディアじゃないWEBメディアで「文学」をするのか?──多数派じゃないと生きられないわたしたち

地震のすこしまえに目が覚めた。阪神大震災のときは地震の直前に目が覚めた。8歳だったぼくは31歳になったけれど、6面そろったルービックキューブを人生ではじめてみた口をぽかんと開けっ放した息子はまだ2歳半だ。 今日のいちばん朝の時間にはほんとうに…

「作家になる」とはどういうことか?──マンガ「ものするひと(オカヤイヅミ)」

「ぼくも小説、書いてみたいんですよ」 飲み屋かなにかでたまたま話すことになった男性にこう言われたある作家はこう返したという。「じゃあ、あなたが持っているそのiPhoneで今から書き始めたらいいじゃないですか」 今日の話は、いってしまえばこのやりと…

読書のことを「インプット」とかいっちゃう連中は眼から血が出るまで読み返せ──乗代雄介『生き方の問題』(群像2018年6月号)

※このエントリーには乗代雄介『生き方の問題』のネタバレが含まれています 一つ口惜しいのは、貴方が覚えていて僕が覚えていなかったことを、今は書くわけにはいかないということだ。それらは一年前に貴方が僕に話してくれた出来事として、左に無限に続く余…

なぜ結婚式を挙げないと離婚率が高くなるのか?

結婚して今年で5年になる。 結婚当初、ぼくは博士課程の学生で同い年の妻は会社員3年目だったが、お互いに田舎の長男長女だったこともあり「結婚式ぐらいは挙げとくか」ということになった。 ぼく個人としては結婚式なんてただ面倒くさいという印象しかな…

【随時更新】noteで公開している小説のリストとあらすじ

まちゃひこです。 表題の通り、noteに持て余していた小説を公開しました。 大滝瓶太|note今後も書いた小説や翻訳は随時noteにて公開していきたいとおもいます! というわけで、noteで公開している小説のあらすじをまとめてみました。暇つぶしにどうぞ! 作…

ぼくらがセックスできなければ結婚していただろうか?──こだま『夫のちんぽが入らない』書評

※このエントリーにはこだま『夫のちんぽが入らない』のネタバレを含みます。 昨日の夜、ゴールデンウィークに登山に出かけて遭難してしまった親子が発見されたというニュースをみた。県警のヘリコプターが見つけたそのとき、親子は覆いかぶさるようにして山…

弱い恋愛と絶対化されるアマチュアリズム──町屋良平『しき』(文藝2018年夏号)

もうじきぼく自身が小説を書きはじめて10年くらい経ち、それでもまだたかだか10年程度でしかないとはいえ、いわゆる筆歴がながくなってくると「いつまで小説を書けるんだろう」みたいな疑問がふと脳裏をよぎる。小説を書ける、というのは小説でまともなお金…

「エモい」という記号化された感情とWEBメディアの文章/『でも、ふりかえれば甘ったるく(PAPER PAPER)』

「これエモくないすか?」 ということをいわれ、 「なにそれ?」 と返したのは、たぶん2年か3年かまえのことだったとおもう。 ことばはいつも知らないうちに次々とどこかから生まれ、ある程度パッケージ化された状態で情弱のぼくの手元に届くわけだけれど、…

フリーライターの「てめぇには1分の価値すらねぇよ」問題について

これまで「業務は発生した瞬間になにをいつまでにするかを即座に決め、先方と共有する」ということが働く人間の嗜みだと洗脳されてきたが、フリーライターになって世の人々は「なにをいつまでにするかを絶対に明言しないようにして、決して弱みを軽々しく先…

2つの怪文書/おばけ家族はいつから家族か

さきにまず今週の寄稿の紹介を。 『リキッド・サーベイランス』についての怪文書 まずテクノロジーやカルチャー系の話題を多く取り扱っているWEBメディア『UNLEASH』さんに社会学者の対談本の書評(?)らしき怪文書を掲載していただきました。 unleash.tokyo…

学歴イジりについてのあれこれ

さいきんは書きたいことをほぼ寄稿記事に書かせていただいていて宣伝ばかりで恐縮なのだけれど、就活サイト『ワンキャリア』さまに、コラムを掲載していただいた。 www.onecareer.jp 一部、話を盛っている箇所もあるのだけれど、ほぼ実話をこのコラムで書い…

文学作品の書評寄稿についておもうこと/「名前があるひと」になること

UNLEASHさまに、コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』の書評を寄稿しました。 unleash.tokyo 地下鉄道 posted with ヨメレバ コルソン ホワイトヘッド,Colson Whitehead 早川書房 2017-12-06 Amazonで見る Kindleで見る 2月中になんとしてでもこの書評の受…

ぼくらはさいしょから生き死にを知っているのかもしれなかった

蓼食う本の虫さんに吉村萬壱氏の作品について、批評のような文章を掲載していただきました。 tadeku.net 吉村さんとは大阪の文学バー『リズール』で5年ほどいっしょに朗読会イベントの受付をしていた間柄(!?)というかんじで仲良くさせてもらっていたけ…

遠藤周作がセンター試験で出題された思い出とその周辺の話

この一週間で2本、遠藤周作の作品の書評を寄稿した(『海と毒薬』、『沈黙』)。 ■海と毒薬/遠藤周作:あらすじ&書評『<何が>彼らを殺したか』 ■沈黙/遠藤周作:あらすじ&書評「奇跡なきこの世界で我々が考えうること」 遠藤周作で記憶に残っているこ…

ライトノベルのタイトルに使われている単語を統計分析でぶん回してみた(ウォーミングアップ編)

普段は自宅でキーワードライティングとかそういうやつを書く「記事ドカタ」をしているのだけど、「キーワード3つで40字以内でタイトルつけろ!」という注文がめっちゃ多い。 www.waka-macha.com でも、常識的に考えて40字の中に指定情報3つって割合的に多す…

「クソアニメ」とは何か?――表現形式としての「クソアニメ」/アニメ『ポプテピピック』評

今日はひさびさにアニメの話をします。 目次 『聖剣伝説レジェンド・オブ・マナ』とアニメ『ポプテピピック』 アニメを「クソアニメ」にするものとは 変化する「クソ」という評価 「クソ」への偏愛 アニメ『ポプテピピック』の「わたし性」の喪失 創作物の「…

【書評】若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」(芥川賞受賞作)/「思考の言語」と「体験と肉声」

※このエントリーには若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」の感想を書いていますが、ネタバレはありません。というか、ネタバレ云々の小説じゃないです。 満二十四歳のときに故郷を離れてかれこれ五十年、日常会話も内なる思考の言葉も標準語で通してきたつ…

とくべつじゃないものを「とくべつ」とみなすこと。

あけましておめでとうございます、というにはすこしばかり遅くなってきて、いまさら正月の話をするのはことし一年の抱負とかそういう「これから」なかんじじゃなく、「これまでの2018年」に近い印象を持ってしまう。 新年とかクリスマスとか節分とかバレンタ…

「ノルウェイの森(村上春樹)」の英訳を再翻訳してみた。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 村上 春樹 講談社 2004-09-15 Amazonで見る Kindleで見る 年の瀬。 本年も、弊ブログ「カプリスのかたちをしたアラベスク」をお読みいただき、ありがとうございました。 ブログの方針については常日頃…

大江健三郎と村上春樹はなぜ同じ主題を「書き直し続ける」のか?/オブセッションと〝自己模倣〟

イーヨーにとって、はじめて父親が死ぬということが、自分にもわかる問題になった、ということだったのじゃないか? 確かにイーヨーはきわめて悪かった、悪いふるまいをした、ということではあるんだけれども、と僕はしばらく考えた上で妻に話した。それでも…

電子書籍ってどうよ?Kindle Unlimitedで読めるオススメの小説・ノンフィクションを紹介しながら電子書籍市場の話をするよ!【随時更新】

こんにちはこんばんはおはようございます。まちゃひこです。 今回は「Kindle Unlimited」を中心とした電子書籍のお話です。 電子書籍についての諸々の感想は後述したいと思うのだけれど、ぼく自身はここ1年ほどは電子書籍での購入を増やしている。 小説やノ…

だれも教えてくれない純文学とエンタメ小説(大衆文学)のちがいと、純文学が売れない理由についてあえて考えてみた。

フリーランスで仕事をしていくにあたり「読書」を軸にしようと決めた以上、ぼくはじぶんの読書だけは信じ抜かなくちゃならなくて、それがもしできなくなってしまったならばなにもかもやめなくてはならない。そんなことをよくおもう。ただその一方でじぶん自…

【書評】滝口悠生「高架線」/本当のことと語り手への信頼

でもさ、と私は田村の話を遮った。僕の文通相手はね、本当は存在していないんですよ。いや、あの写真の男……男か、女か、何と言ったらいいかわかんない、僕は男と言ってしまうけれども、あの人はもちろんどこかに実在しているけど、僕が文通をしていた相手は…

【お知らせ】惑星と口笛ブックスから短編集「コロニアルタイム」が発売されました。

本日、前々からTwitterでお知らせしていたぼくの短編集「コロニアルタイム」が、作家・翻訳家・作曲家・編集者というさまざまな顔を持つ西崎憲氏が主宰するレーベル「惑星と口笛ブックス」よりKindleで発売されました。 コロニアルタイム (惑星と口笛ブック…

【書評】はあちゅう「通りすがりのあなた」/世界とわたしの鬼ごっこ

※本エントリーには、はあちゅうの短編小説集「通りすがりのあなた」のネタバレはありませんのでご安心ください。 通りすがりのあなた posted with ヨメレバ はあちゅう 講談社 2017-09-27 Amazonで見る Kindleで見る 書きにくい書評というのはふたつあって、…

文芸誌を読むということ/おもしろい・おもしろくないを言い切る尊さ

長編を読み切る時間と気力がないのだけれど(その割に実入りが悪い)、いちおう毎日本は読んでるので、きょうは最近読んだ文芸誌の短編・中編の感想を書きたいとおもう。 読んだのは「文藝2017年冬号」「たべるのがおそいvol.4」だ。 文芸 2017年 11 月号 […

「何者でもないわたしたちという誰か」のこと〜ノーベル賞、カズオ・イシグロ、現代世界文学とオートフィクション、母国語至上主義について

きのう今年のノーベル文学賞がカズオ・イシグロに決まったというしらせをきいて、あまりにもびっくりして声が出てしまった。 もちろんカズオ・イシグロはいうまでもなく優れた作家であることはわかっていたのだけれども、2年連続英語圏の受賞ではないだろう…

「回遊人(吉村萬壱)」感想/死者の居場所

回遊人 (文芸書) posted with ヨメレバ 吉村萬壱 徳間書店 2017-09-26 Amazonで見る Kindleで見る 彼女の夫の居る時空と私が居るこの時空とは、何がどう違うのだろうか。私は一体、本当はどこにいるのか。確かな事は、女将の夫は既に死んだという事だ。その…