カプリスのかたちをしたアラベスク

このブログはフィクションです。詳しくはプロフィール参照。

【最近のできごと】

2018.10 昨年刊行した電子書籍短篇集『コロニアルタイム(惑星と口笛ブックス)』第39回日本SF大賞にご推薦いただきました。

2018.10 短編小説『誘い笑い』を文学ムック『たべるのがおそいvol.6(書肆侃侃房)』に寄稿しました。

2018.8 掌編小説「青は藍より藍より青」第1回阿波しらさぎ文学賞を受賞しました。

日記

あこがれの「受賞のことば」〜エメーリャエンコ・モロゾフに学んだこと

小説を書いていて文学賞に応募したことがあるひとなら、きっといちばん書きたい文章は「受賞のことば」なんじゃないか、とおもう。ぼくはそうだ。ちょっとそれっぽい、エッセイというにはみじかめの気の利いた文章をサクッと書いてみたい。そんなもんはブロ…

たつひこさんのこと。

はじめてできた小説を書く友だちは「たつひこさん」というひとで、「たつひこ」という名前は旦那さんの名前なんだと教えてもらったのは、小説投稿サイトで何回かコメントをつけたあとだった。 いまでこそ小説を書く友だちというのは増えたのだけれども、いま…

なぜ文芸メディアじゃないWEBメディアで「文学」をするのか?──多数派じゃないと生きられないわたしたち

地震のすこしまえに目が覚めた。阪神大震災のときは地震の直前に目が覚めた。8歳だったぼくは31歳になったけれど、6面そろったルービックキューブを人生ではじめてみた口をぽかんと開けっ放した息子はまだ2歳半だ。 今日のいちばん朝の時間にはほんとうに…

2つの怪文書/おばけ家族はいつから家族か

さきにまず今週の寄稿の紹介を。 『リキッド・サーベイランス』についての怪文書 まずテクノロジーやカルチャー系の話題を多く取り扱っているWEBメディア『UNLEASH』さんに社会学者の対談本の書評(?)らしき怪文書を掲載していただきました。 unleash.tokyo…

学歴イジりについてのあれこれ

さいきんは書きたいことをほぼ寄稿記事に書かせていただいていて宣伝ばかりで恐縮なのだけれど、就活サイト『ワンキャリア』さまに、コラムを掲載していただいた。 www.onecareer.jp 一部、話を盛っている箇所もあるのだけれど、ほぼ実話をこのコラムで書い…

文学作品の書評寄稿についておもうこと/「名前があるひと」になること

UNLEASHさまに、コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』の書評を寄稿しました。 unleash.tokyo 地下鉄道 posted with ヨメレバ コルソン ホワイトヘッド,Colson Whitehead 早川書房 2017-12-06 Amazonで見る Kindleで見る 2月中になんとしてでもこの書評の受…

ぼくらはさいしょから生き死にを知っているのかもしれなかった

蓼食う本の虫さんに吉村萬壱氏の作品について、批評のような文章を掲載していただきました。 tadeku.net 吉村さんとは大阪の文学バー『リズール』で5年ほどいっしょに朗読会イベントの受付をしていた間柄(!?)というかんじで仲良くさせてもらっていたけ…

とくべつじゃないものを「とくべつ」とみなすこと。

あけましておめでとうございます、というにはすこしばかり遅くなってきて、いまさら正月の話をするのはことし一年の抱負とかそういう「これから」なかんじじゃなく、「これまでの2018年」に近い印象を持ってしまう。 新年とかクリスマスとか節分とかバレンタ…

在宅パパがフィーリングで牛すじ煮込みをつくったのでレシピを公開するよ

ブログといえば料理ということで、ぼくの手料理でもアップしてみる。 うちはぼくが在宅ライターで嫁氏が会社員という家庭なので、平日の家事諸々と子育てはぼくがやっている。しかしこれがなかなかめんどうくさい家庭外でのコミュニケーションを生んでいて、…

「ヒドゥン・オーサーズ(惑星と口笛ブックス)」についての雑感/自由と不自由は相反しない

このブログで何度も宣伝してきた「ヒドゥン・オーサーズ」という電子書籍アンソロジーが発売されてもうじき3ヶ月になる。 小説を書きはじめたのは23歳の夏くらいで、はじめはネットの小説投稿サイトでちらほら短編を書いていて、それが気がつけば文学賞に応…

小学生のころからカブトムシのかっこよさが一貫してわからない

夏といえば虫とり、というのがちびっ子たちのあいだでは定番で、幼少期を瀬戸内海の島の山奥で育ったぼくとてやはりこの時期になるとよく虫をとった。先日、母親が近所のおばちゃんから「おいしい肉」をもらってそれをわざわざ神戸にあるうちまで持ってきて…

ベビーカー付き東京観光はほぼ不可能/ひとりで「バベルの塔展(ボイマンス美術館所蔵)」の感想。

ゴールデンウィークということで、家族(嫁・息子・義母・義叔母)で東京に来た。メインの目的はこの四月から東京へ引っ越してきた義妹夫婦のおうち訪問なのだけれど、一泊して嫁と息子と義母と義叔母は関西へ帰り、ぼくは明日と明後日にちょっとした用事が…

就職・転職サイトの特徴と選び方をそれなりにわかりやすく比較・分類してまとめてみたよ!

ぼくはこのブログとはべつにもうひとつ、「人の転職を笑うな」という某ナオコーラさんのデビュー作をもじった転職・雇用問題などに特化したブログも運営しているのだけど、きょうはそれのセルフ出張記事みたいなことをやります。うぇーい。 実は前職が求人広…

鬼ヶ島・和田がdTVのゴッドタンで暴露した「さらば青春の光・東口の不倫騒動」の真相がエグい

目次 家で引きこもっているとゴシップ好きになる。 「黒幕がいた」らしい 悪者、という考えかた。 あわせてどうぞ! 家で引きこもっているとゴシップ好きになる。 うちの姉は第一子妊娠中にやることがなさすぎてひたすらワイドショーを見ていたというのだけ…

M-1グランプリ2016の優勝は「銀シャリ」!結果まとめと個人的な寸評だよ!

銀シャリ、おめでとうございます!! 正統派しゃべくり漫才がすきなぼくなので「銀シャリ」優勝を予想していたぼくです。 www.waka-macha.com 先ほど終わったばっかりのM-1グランプリ2016の速報です。それぞれの得点と審査員コメント、まちゃひこ的寸評をま…

M1グランプリ2016の優勝を予想してみる

M1グランプリは初回からずっと好きで、中川家が優勝したとき中学生だったのだけどすげぇうれしかったのをいまでも鮮明におぼえている。ぼくは中川家みたいなしゃべくり漫才がちいさいころから好きで、即興的で、そしてコンビの関係性が垣間見れるような掛…

明治神宮外苑の火災事件/ぼくらは当事者ではない、ということ

神宮外苑火災 安全基準ない「アート作品」 芸術性と安全性の両立課題 (産経新聞) - Yahoo!ニュース あまり言及すべきではないようなきがして、ブログに書くことをひかえていた明治神宮であった火災事故のことについて。 学生がつくった体験型アート作品が…

「なぜ芥川賞作家に東大がいなくなったか」が気になる学歴コンプのお前らに俺様が答えてやんよ

三島は激怒した。かの高卒低学歴アッパラパー作家の深沢を必ず除かねばならぬと。 ちゃっす。まちゃひこです。 かの大作家、東大卒の三島由紀夫は深沢七郎に対して深い嫉妬を抱いたという話は有名だけれど、なぜまたこんなキナ臭い学歴と文学の話をのっけか…

占いハイブリッド・ババアの説得力

占いを、どこかで信じている。 そういうぼくがいないでもない。 話のネタにでもなるだろうとおもって、だいぶむかしに占い屋にいったことがある。たしかまだ学生のころだったとおもう。 相談ひとつ20分3000円という値段だった。やるかやらないか非常に迷った…

アイデンティティと合理化の暴力

ブログでも雑誌でもなんでもいいのだけれど、文章を書いていると文章じゃなくてその背後の人物像を探ろうとする動きがぼくには気持ち悪くおもえてしまう。じぶんでもやってしまうことがあるけれど、たとえば文章を読んで「このひとは◯◯が好きそうだなあ」と…

好きになるものを選べない、っていう理不尽

さっき最果タヒの新刊「きみの言い訳は最高の芸術」を読んでいて、「どうして、好きになるものを選べないのだろうか」ということばが出てきた。 きみの言い訳は最高の芸術 作者: 最果タヒ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/10/26 メディア: 単行…

第53回文藝賞の授賞式にいってきたのでパリピレポートを書くよ!

きのう10月24日の午後6時から、御茶ノ水の山の上ホテルで文藝賞の授賞式にいってきた。今回の上京のメインイベントはこれに出てくることだった。なにがいつどう起こるかなんてだれにもわからない。なのできょうは 「親しい友人がなんかわけわからないデカい…

おもしろいことをしているひとがおもしろいことの必要性

むかしから「このひとがおもしろい」という感覚に違和感があって、二十代後半くらいからそれが顕著になってきた。 その話をするうえでいちばんの例になることは、「小説家と会う」ということだ。 これまでに第一線で活躍しているたくさんの作家さんにお会い…

美容室をやめて理髪店にいったら妻とケンカになった件

昨夜、ちゃぶ台のうえに妻は4000円を叩きつけた。 ぼくはその4000円を妻のほうへすっと押しもどしたけれど、彼女はそれをつかむとふたたびぼくのまえに叩きつけ、 「その頭だけは勘弁してくれ」 というのだった。 これはきのうの「美容室をやめて理髪店にい…

美容室をやめて理髪店にいったこと

きょうは三ヶ月ぶりくらいに髪の毛を切りにいったのだけれども、いつもいっている美容室にいく経済力を失ってしまっていたから、950円の理髪店にいかざるをえなかった。美容室の担当のお兄さんは気さくで、多すぎる毛量とくせ毛の処理についてのアドバイスを…

選ぶことの責任/黒石観光協会の写真コンテスト受賞取り消しについて

黒石観光協会が主催する写真コンテストで、市長賞受賞作の被写体が自殺した女生徒であるため、遺族の了解を得ているのにもかかわらず受賞取り消しとなった。 いじめ訴え死亡の中2が写る作品、授賞中止 遺族は公開 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース こ…

大人の脱糞講座〜アラサーはうんこをフツーにちびる

そういえば最近、よくうんこをちびる。 はじまりとおわりのある文章としてはほぼ最悪の書き出しを採用してしまったわけだけど、じぶんで書いてみて意味がよくわからない。だいいち、「そういえば」といわれたところでお前の都合など知ったこっちゃないわけだ…

【文学ってなに?】ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞についてどうして批判するひとがいるのか?

先日13日に歌手として世界的な人気を誇るボブ・ディラン氏のノーベル文学賞の受賞が発表された。その受賞理由は、 「偉大な米国の歌の伝統に、新たな詩的表現を創造した」 とのことらしい。ボブ・ディランのような歌手の受賞には前例がなく、ネットを見回し…

意味という総体、あるいは「なにか」が起こるということ/短編集「大聖堂」(レイモンド・カーヴァー)

一週間にいちどは病院にいっている。 息子が保育所から風邪をもらってくるからだ。そのうえ各種の予防接種のかねあいもあって、風邪をひくたびに延期になる。風邪、予防接種、風邪、みたいなかんじでここ一ヶ月、毎週病院にいくはめになったというわけだった…

書かない、という選択/第53回文藝賞受賞作品「青が破れる」(町屋良平)

このエントリーでは小説「青が破れる」の内容についての言及を含みます。 ブログの更新をしなかった最近 ここのところほとんどブログを書いていなかったのは、べつの文章に注力するためだった。いまはひたすら一日いちにちを違いなくすごすことを必死に守っ…