視認しえないもの、解体から生じる詩――マグリット展の雑感など

子どもの頃、私は一人の少女と遊ぶのが好きだった。とある小さな田舎町の廃用になった古い墓地のなかで。私たちは地下の舞喪失を見て回り、それらの重い鉄の扉を持ち上げることができた。そして私たちは光の下に再び上がると、そこには一人の画家が、首都からやって来て、墓地の小径で絵を描いていた。その小径はいかにも…