【感想】詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ(最果タヒ)」/「伝える」ではない、「表現」という行為

どんなに因数分解したって理解を得られないだろうそんな感情が、その人をその人だけの存在にしている。(あとがきより引用) 最果タヒのあたらしい詩集を買うために生きていた先週だったので、ちゃんと買える人生でよかった。ぼくは詩をわかりたいといつもおもうけれど、かのじょの作品にかかわらず詩となづけられたものを…