感想「ガラパゴスの箱舟」(カート・ヴォネガット)/とくべつじゃない、死者のことば

※このエントリーには小説「ガラパゴスの箱舟」の内容に関する言及があります。 この土曜日はとてもおだやかで、朝は10時まで眠った、息子も目を覚まさなかったし、嫁氏も目を覚まさなかった。休みの日はふだん、平日よりもはやく起きる。眼が覚めるのは決まっていつも5時半くらいで、平日だとそこからもう2時間ほどねむる…