【感想】きみを嫌いな奴はクズだよ(木下龍也)/飛躍と敷居、日常と戦場

歌集というものを、百人一首以外でははじめて読んだのかもしれなかった。 ぼくはいまでこそ詩集は読むけれども、詩というものを読まないひとからよく 「詩の読み方ってわからないんだよね。単純になにがいいのかわからない、否定的な意味じゃないんだけど、むずかしいって感じる」 というようなことをいわれる。だいじなの…