カプリスのかたちをしたアラベスク

このブログはフィクションです。詳しくはプロフィール参照。

【最近のできごと】

2018.10 昨年刊行した電子書籍短篇集『コロニアルタイム(惑星と口笛ブックス)』第39回日本SF大賞にご推薦いただきました。

2018.10 短編小説『誘い笑い』を文学ムック『たべるのがおそいvol.6(書肆侃侃房)』に寄稿しました。

2018.8 掌編小説「青は藍より藍より青」第1回阿波しらさぎ文学賞を受賞しました。

自己紹介/掲載記事・小説一覧/お問い合わせ

 

自己紹介

略歴

1986年生まれ。文筆業。工学系の大学院(博士課程)を単位取得中退後、求人広告会社に営業職で採用され、2年くらいして独立。
書評・文芸批評・自然科学解説などの題材で、主にWEBメディアで文章を書いている。また、「大滝瓶太」名義で小説の実作・翻訳を行なっている。
2018年、掌編小説『青は藍より藍より青』が第1回阿波しらさぎ文学賞を受賞。また同年、文学ムック「たべるのがおそいvol.6(書肆侃侃房)」に短編小説を寄稿。電子書籍短編集『コロニアルタイム(惑星と口笛ブックス)』が第39回日本SF大賞エントリー作品として推薦される。
 

このページ下段のお問い合わせフォームか、

machahiko1205あっとgmail.com

よりお気軽にご連絡ください。

 

※noteとpixivファンボックスでも文章を公開しています。

note.mu

www.pixiv.net

興味があること

  • 海外文学など。とくべつ海外文学を選んでいるわけではないけれど、日本の小説よりは海外のを読んでる気がする。本棚見たらそうだった。
  • 語学。英語の読み書きくらいはできる。しかし話しかけられるとしどろもどろになる。翻訳とかもする。
  • 科学全般。がくせーのときに統計力学とか熱とか固体力学とかそのあたりを専攻。複雑系がすき。 

欲しいもの

Amazonの欲しいものリストを公開してます↓

まちゃひこの欲しいもの

だれかください。ほんとお願いします(切実) 

翻訳やってます

 2017年
  ■新星(The Star) H. G.ウェルズ
  ■祝祷(Benediction) スコット・フィッツジェラルド

 

翻訳研究はこちら↓

note.mu

小説

公開済み小説リスト

(400字詰め原稿用紙換算枚数)

 2011年
  ■干乾びた胎児(30枚) *電子書籍「教育と育児」収録
 2013年
  ■むらにつもるこえ(94枚)同人誌「らくせんvol.2」掲載 *電子書籍「教育と育児」収録
 2014年
  ■ヒア・ゼア・エブリウェア(240枚)*同人誌「らくせんvol.1」掲載
 2016年
  ■オラクル(20枚)SF雑誌「オルタニアvol.1 現実以外」掲載
  ■シンデレラタイム(30枚)
 2017年
  ■二十一世紀の作者不明(25枚) ヒドゥン・オーサーズ惑星と口笛ブックス)収録
  ■騎士たちの可能なすべての沈黙(25枚)コロニアルタイム惑星と口笛ブックス)収録
  ■ソナタ・ルナティカOp.69(55枚)コロニアルタイム惑星と口笛ブックス)収録
  ■演算信仰(50枚)コロニアルタイム惑星と口笛ブックス)収録
  ■コロニアルタイム(40枚)コロニアルタイム惑星と口笛ブックス)収録
 2018年
  ■皮を剝ぐにはうってつけの日(140枚) notepixivファンボックスにて公開
  ■未来までまだ遠い(25枚) *電子書籍アンソロジー「BRuTiFuL(隙間社)」収録
  ■私のいない就活(60枚) *就活サイト「ワンキャリア」掲載
  ■青は藍より藍より青(15枚) *「第1回阿波しらさぎ文学賞」受賞
  ■誘い笑い(30枚) *文学ムック「たべるのがおそいvol.6(書肆侃侃房)」掲載

メディア寄稿記事一覧

*2014年
  ■「僕はこの街で最愛の物理学を裏切り、文学と寝た。」(笹尾瓶太名義)
   週刊読書人 - 【週刊読書人8/8日号】

*2015年
  ■「ぼくらはペンを持ち、思考する」アヴァンギャルドでいこうVol.4

*2016年
  ■「第155回芥川賞」候補作を全部読んでガチで受賞予想してみた - KAI-YOU.net 
  ■RADWIMPSと新海誠に語られる「恋愛の距離」〜映画「君の名前。」に寄せて-MEETIA
  ■そして、彼女の声は境界を超える ~やくしまるえつこの越境~ MEETIA
  ■『ガーリッシュナンバー』が描く汚い/純粋なコミュニケーション 渡航は幻想を信じない - KAI-YOU.net

*2017年
  ■村上春樹『騎士団長殺し』を楽しく読む方法 あるいは「ポスト・トゥルース」について - KAI-YOU.net

*2018年
書評
  ■カズオ・イシグロ『日の名残り』書評 ミニシアター通信
  ■遠藤周作『海と毒薬』書評 「<何が>彼らを殺したか」 ミニシアター通信
  ■遠藤周作『沈黙』書評 「奇跡なきこの世界で我々が考え得ること」 ミニシアター通信
  ■辻村深月『ツナグ』書評 「死者はみんな生者を見ている」 ミニシアター通信
  ■柴崎友香『寝ても覚めても』書評 「移動し続けるわたしたち、群像のなかのわたしたち」 ミニシアター通信
  ■本谷有希子『生きてるだけで、愛。』書評 「物理限界を超えた理解をあたしに」 ミニシアター通信
  ■偏在する悪意への対抗として文学ができること/コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』書評 | UNLEASH
  ■なぜ人文学的問題を自然科学として扱えるのか--郡司ペキオ幸夫『生命、微動だにせず (青土社)』 | UNLEASH
  ■街に埋め込まれた記憶たちとの対話──テジュ・コール『オープン・シティ』 | UNLEASH
  ■「あなた」が読まなかった物語──物語の生成と崩壊を描く樋口恭介『構造素子』 | UNLEASH
  ■「お笑い」と「タブー」をめぐる人間喜劇──コメディアン文学としての『ある島の可能性』 | UNLEASH
  ■多様な読書のために「補助線」を──芥川賞の受賞予想を通じた読書の楽しみ方 | UNLEASH

・批評
  ■吉村萬壱『真空土練機』/ふたつの想像力をつなぐもの | 蓼食う本の虫
  ■テクノロジーは組織の運営体制を抜本的に変えるか--「監視」を軸に現代社会を議論する『私たちが、すすんで監視し、監視される、この世界について リキッド・サーベイランスをめぐる7章』 | UNLEASH
  ■わたしたちが「 」を読むために–「なぜ詩を読めるか」を問う現代詩アンソロジー『認識の積み木』 | UNLEASH
  ■クソアニメ ポプテピピックに負けない『アイドル脱糞系クソ小説家 木下古栗』の作品を読もう | uzurea.net

・コラム
  ■クラウドファンディングは「新しいお金のリテラシー」になるか? | UNLEASH
  「やったことがある」から好きになる!「子どもの体験を10倍に」するスクルーの定額習い事サービス | UNLEASH
  ■疲弊した求人市場を「副業」は改革できるのか──副業したい人材と企業を結びつける「シューマツワーカー」 | UNLEASH
  ■わたしたちの性別は外部により「与えられる」のか?──男らしさ、女らしさの解体に向かう幼児用衣類メーカー | UNLEASH

 連載:RBB TODAY
  ■【新連載・たわごと日和。】第1回 「発想」はどこからやってくるのか……羽生善治の「大局観」とAIによる「演算処理」 | RBB TODAY
  ■【たわごと日和。】第2回 理系大学院の研究室ってどんなところ? | RBB TODAY
  ■【たわごと日和。】第3回 自然科学の詩情と牛肉の特売日 | RBB TODAY
  ■【たわごと日和。】第4回 難問と構造……「ミレニアム懸賞問題」を織り成すことばたち | RBB TODAY
  ■【たわごと日和。】第5回 『ヲタクに恋は難しい』が描く「ツイ廃」「インスタ映え」の先にある恋のユートピア | RBB TODAY

 連載:ワンキャリア
  ■【今からお前らが一生わからん話を5847文字しまーす】会社で「高学歴すぎて浮いていた」ぼくが学歴ネタでウェイした話|就活サイト【ONE CAREER】
  ■人工知能(AI)の新卒採用への導入を「生理的にイヤ!」という就活生は落とされてしかるべきだとおもうよ!|就活サイト【ONE CAREER】
  ■失われたオシャレを求めてーー「ビジネス英語」のほうへ|就活サイト【ONE CAREER】
  ■愛と肉片のプロパガンダ〜「理系に持たれがちな偏見」に人類70億の政治的元気を添えて|就活サイト【ONE CAREER】
  ■マッキンゼーの本を読んで対策してる奴はマッキンゼーに受からない|就活サイト【ONE CAREER】
  ■結局、ワンキャリも就活生を食い物にしてるだけじゃないですか。|就活サイト【ONE CAREER】

インタビュー
  ■オプティマインド・松下健氏インタビュー(1/3)「技術が現実社会に実装されていない乖離性を埋めたい」──最適化技術を武器に挑戦する企業・業界を超えた「配送地図」の創造 | Marvin(マーヴィン)人工知能・AIと機械学習の事例メディア
  ■オプティマインド・松下健氏インタビュー(2/3)「問題を解く」ことの実社会へのインパクト──「配送計画問題」とはなにか? | Marvin(マーヴィン)人工知能・AIと機械学習の事例メディア
  ■オプティマインド・松下健氏インタビュー(3/3)なぜ研究だけじゃなく、「起業」が必要だったのか?──ITベンチャーが目指す「現場主義」 | Marvin(マーヴィン)人工知能・AIと機械学習の事例メディア

 

プライバシーポリシー

当ブログはGoogle Adsense、Amazonアソシエイト、その他アフィリエイトプログラムを利用した広告配信を行っております。 

また当ブログのリンクはフリーですが、著作権はすべて管理者に帰属します。無断利用はご遠慮ください。創作小説や文芸翻訳などの二次利用については一度お問い合わせのうえ、ご相談くださいませ。

 

免責事項

ブログ内で紹介している記事に関連した、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。

また、当ブログ内に記載されているリンク先のサイトについて、その内容の真偽等に関してましても、当方では一切責任を負いかねます。

 

コンタクト

Twitter:@macha_hiko 

Facebook:まちゃひこ 大滝瓶太

スカイプ:macha_hiko

※大滝瓶太へのお問い合わせも若布酒まちゃひこが受け付けております。