カプリスのかたちをしたアラベスク

このブログはフィクションです。詳しくはプロフィール参照。

【最近のできごと】

2018.10 昨年刊行した電子書籍短篇集『コロニアルタイム(惑星と口笛ブックス)』第39回日本SF大賞にご推薦いただきました。

2018.10 短編小説『誘い笑い』を文学ムック『たべるのがおそいvol.6(書肆侃侃房)』に寄稿しました。

2018.8 掌編小説「青は藍より藍より青」第1回阿波しらさぎ文学賞を受賞しました。

フリーライターの「てめぇには1分の価値すらねぇよ」問題について

 

 

にわかに信じがたいことだが、さいきんぼくの意識が高い

 

もともとはいわゆる意識高い系についてネチネチ因縁をつけて意味不明なdisをおこなうクソみたいな陰湿ネクラなのだけれど、フリーライターとして生計を立てようとすると、そういうスタンスではとてもじゃないけれどやっていけない。

原稿料もそれほど高くない駆け出しライターなので、だいたい会社員時代くらいの手取りを得ようとするならとにかく数をこなさなくちゃならず、すると記事で扱う内容も雑多なものになってきて、何かと調べなければならない。ぶっちゃけ、記事を書いている時間よりも調べたり勉強したりしている時間の方がはるかに長い。

となると、必然的に業務効率を上げていかないといけない。いわゆる「効率厨」はぼくの侮蔑対象のNo.1だったけれども、そんなものをdisっている暇も精神的余裕もなくなってしまった。

仕事がないと死ぬ。

この絶対的な事実しか目の前にはない。

 

で、さいきんの悩み事は冒頭で貼り付けたTwitterでのぼくのつぶやきである。

前職は週単位で締め切りがあったので、かなり時間にはうるさい職場だった。業務が発生したらその場で「いつ」するかを決めなければ永遠に延期されてしまうし、安定して仕事をそつなくこなすには先方とのスケジュール調整をしっかりやっておかなくちゃならなかった。

お互いの利害をきちんとコントロールして、ルールを作る。

これが商売の基本だと教わった。

 

目次

 

みんな「締め切り」が嫌い説

しかし、フリーライターになってみると、その「基本」がどうやら一般的でないと思い知るに至った。

とにかくみんな、「いつ」「何を」するかの具体的な日時指定を避けようとする。こっちから日時をそれとなく聞いてみても「近日中」ということばで逃げられることも多く、返事がないこともある。そのまま1ヶ月、2ヶ月と過ぎていくこともまぁめずらしくはない。

曖昧なスケジュールで進む仕事がひとつやふたつならまだ痛手にはならないけれど、これが10を超えてくるとかなりきつい。深夜に「お待たせしました!」とか連絡が入り、1ヶ月以上前に書いた原稿の修正依頼が「24時間以内でお願いします!」とかそんな感じでぶっ飛んでくることもある。

そしてだいたいのところは校了時に原稿料が発生するので、放置されると当然ながらお金が入ってくる日も遠くなる。結果、我が家のおかずが1品減るのである。

スケジュール調整のことは手帳をみればすぐにわかるはずのことなので、「決められない」のでなく「決めたくない」というのが先方の都合だろうなとおもう。

しかし問題は、手帳を確認して業務の日取りをおこなうのに必要な「1分」という時間をどう捉えているかっていうところにあるとおもう。

 

レディ・ガガから仕事の話がきたら、みんなのタイピング技術が火を吹くはずだ

たとえばだけれども、もしある日突然レディ・ガガから仕事の依頼がきたら、ほとんどのひとはその1分を惜しまないだろう。

 

f:id:bibibi-sasa-1205:20180403163418j:plain

 

会社で大騒ぎになってむしろ即対応できない可能性もあるかもだけれど、まぁ基本的にみんな即レスするはずだ。

だれもが会社員生活で培ったタイピング技術を駆使して神速のレスをするに違いない。キーボードのうえで指が踊り狂うにちがいない。そしてPDCAサイクルを高速に回し、いつしかそれは光速を超え、勤務時間に新たな時空を創出するにちがいない。レディ・ガガは新たな宇宙となるのだ。

 

しかし、ぼくの業務連絡ではそれがおこならない。だれもぼくのメールで宇宙を創出しない。これはまぎれもない事実である。

これはもういうまでもなく、「ぼくというライターの価値が低い」ことに他ならず、そこは素直に反省しなくちゃならない。だって仕事だもん。利益を出せるかどうかが重要だもん。現状のぼくは、まだまだ力が足りていない。

 

相手の1分にコミットする

恐ろしいほど意識が高い章題をつけてしまったことに、じぶんで驚いている。

話を戻すと、具体的にどれくらいの評価を先方にされているかをまず知る必要がある。そして現状のぼくのライターとしての価値は先方にとって、

「スケジュール調整をおこなうのに必要な1分の価値さえない」

ということに他ならない。この事実がめちゃくちゃ重要だとぼくは考えた。

この1分を先方からいただくことは、原稿料をあげてもらうことよりはるかに容易いはずだ。会社員を時給2000円くらいだと考えたら、1分は約33円程度だもん!

無論、こんなものは詭弁である。

しかし、やたらバズる記事を連発するとかそういう難しめの貢献をしなくても、1分について考えると割と気分が前向きになる。

33円分いまよりも高いクオリティを出そう!という気持ちにもなるし、それくらいだったらできるはずだとおもえてくる。モチベーションをあげるってのはこういう思考でポジティブになることをいうのかな、なんておもった。いいぞ!まちゃひこ!意識高いよ!

 

まとめ

まちゃひこを見かけたら、

「いいよ!意識高いよ!」

って声をかけてください。

 

WEBライターを始めたいひと向けの記事がこれ↓

www.waka-macha.com